フロー試験測定器具

フロー試験測定器具

便利なALL IN ONE! こまごまとした試験キットをコンパクトにまとめました。無収縮モルタルの柔らかさの指標である簡易テーブルフロー試験は、使用水量により変化します。流し込み用の無収縮モルタル(グラウト材)では、通常は、J ロートによる流下時間を測定します。

PDFカタログダウンロード

商品説明: フロー試験器-こまごました試験キットをコンパクトにまとめました!

【簡易テーブルフロー試験】 JASS 15M-103 準拠/JHS313-1999 準拠
無収縮モルタルの柔らかさの指標である簡易テーブルフロー試験は、使用水量により変化します。流し込み用の
無収縮モルタル(グラウト材)では、通常はJロートによる流下時間を測定します。
国土交通省大臣官房官庁営繕部監修の建築改修工事監理指針(平成19年度版・(財)建築保全センター)では、
Jロートによる流下時間の測定に加えて、フローテーブルによるフロー値(広がり)を測定することを推奨して
います。この理由は、流下時間の測定では、ストップウォッチのスタート・ストップや流下終了の判断に、測定
者による多少の誤差があること、フロー値の測定では、広がりの状態を写真による記録として、明示できるから
です。

モルタルフロー試験キットの内容一覧

●持ち運び便利なプラスチックコンテナ ●試験用ガラス板(厚さ5mm・強化ガラス)
●目盛入り透明フィルム ●水平器 ●くさび ●コンベックス ●水量測定用軽量カップ
●ストップウォッチ ●ワイパー ●ヘラ ●測定用塩ビ管3種・50・80・100ml用)

 

 

フロー試験器- テーブルフロー試験の手順

※試験場所は振動がなく、直射日光のあたらない場所で実施してください。
※本試験は建築改修工事指針 平成19年度版(下巻)によります。

@ガラス表面の清掃

乾いたタオルで表面を拭いてください。
ガラス表面は乾燥状態にしてください。

 

Aガラス板の水平確保

水平器を用いて水平を確保して下さい。

 

Bスラリーの流し込み

容器上面までスラリーを注いで下さい。
容器は
φ50×高100oです

C容器の引き上げ

ヘラを用い、スラリーを掻き出して下さい。

 

D静置

蓋をして容器を引き上げ後、3分間静置します。
風の影響が無いよう、蓋をしてください。

 

Eフロー値の測定

2直角で測定し、平均値を求めてください。

 

Fガラス板の清掃

試験終了後は速やかに試験器具を水洗いして下さい。

 

G試験完了

試験器具を所定の位置に収納して下さい。

 

 

関連商品

テクニカルピース(圧縮強度測定用簡易テストピース)

・『古紙+廃プラスチック』再生利用
・グラウト注入材の使い捨て簡易型枠(JIS・A5308)
・サイズ φ50×100
・供試体の取り出しが簡単です
・(財)建材試験センターから品質性能試験報告書取得済み
製品重量が軽く効率UPを見込めます。
6個用ダンボール小箱付きで持ち運びが便利です。
カタログPDF




トリスミ サイト内商品検索

 

取り扱い商品カテゴリ一覧


 種類で検索する サービスページ
 製品名検索する
 カタログ検索する
 お問合わせフォーム

新商品・人気商品のご紹介

本 社

〒175-0094
東京都板橋区成増3-35-2
 マップへリンク
TEL:03-5383-4592
Fax:03-5383-4593 Email:info@torisumi.co.jp
<商品のお問い合わせ>
午前9:00〜午後6:00
月〜金曜日(土日曜、祝日を除く)
詳しい資料送付、商品プレゼンテーション等をさせていただきます。
皆様からのお問い合わせを、心よりお待ち申し上げております。